「チャーハン」のことを特別に思っている人って、どれくらいいるんだろう。過去の体験や先入観みたいなのが、「豚汁」と頭の中でくっついちゃうことって、往々にしてあるんじゃないかな。

カミナリと森とタイフーン

気分良くダンスするあの子と私

海辺が非常に近く、サーフィンのスポットとしても非常に有名な場所の近所に住んでいます。
ゆえに、サーフィンをする人はめちゃめちゃ多くいて、仕事の前に朝はやく少し波乗りに行くという人もいます。
そのように、波乗りをしている人が多数いるので、一緒にサーフィンに行こうと言われる方もめっちゃあったのですが、必ず断っていた。
それは、自分が、運動神経が悪く、息継ぎできずに泳げないからだ。
しかし、泳げなくても大丈夫だと言われ、サーフィンをしてみたけれど行った場所は初心者じゃない人がする場所で、テトラポッドが近くに広がっていて、波乗りのスペースがごく狭い浜辺だった。
泳げない私は、パドリングをする筋力も無く、すぐに流されテトラポッドにたたきつけられそうになり死にそうになりました。

月が見える金曜の朝は食事を
最近のネイルブースは、ジェルなど、とても高い技が駆使されているようだ。
ちょっとだけサービスのある招待状をくれたのでサロンに向かった。
かなり、柄やシンプルさに関して、優柔なので、デザインを伝えるのに時間がかかった。
小指だけシンプルなネイルアートをしていただいて、かなりテンションが高くなれた。

そよ風の吹く休日の夜は窓から

今考えると、中学生のころから高校生までほとんど学ぶという事をしてこなかった。
友人が集中して学習していても、私は宿題として出された内容をひたすら行うといった感じだったように思う。
それでも、短大に入学してから自分の好奇心をそそる分野の勉強が始まると、知識がスムーズに頭に入るようになった。
その後、働き始め、見習いを経て本格的な業務になると、今度は好き嫌い関わらず勉強せざるを得なくなった。
しんどいなど考える時間もなく、なにがあっても知識を取り入れる日々が続いた。
こんな期間をしばらくすると、次は高校時代にしなかった学習をやり直したいと思うようになった。
そして、同じように考えている人が当時のクラスメイトに何人もいる。

どんよりした日曜の夕暮れは冷酒を
また、明日香と麻衣子と海外旅行に行きました。
2人は、私が通っていた専門学校の同級生で、一緒に学んだクラスメイトです。
しかも、勉強していたのがトラベル全般と英検なので、旅行が好きな学生たちでいっぱいでした。
その中でも、麻衣子と明日香を含む仲のいい6人で色んな県へ宿泊した思い出は忘れられません。
私はもともとそれ程仲のいい友人が多くないし、しかも十分だと満足しています。
だから、単純に嬉しい言葉だけど、隣で麻衣子が満足しているような雰囲気だったのも喜ばしい事でした。

汗をたらして踊る父さんとアスファルトの匂い

実は肉があまり好物ではない食べるものはどうしても魚介類主流になってくる。
となると、夏の、土用の丑の日の鰻は、大きな行事だ。
江戸のあたりで鰻を開くときには、背開きという習わしが現在も続いている。
どうしてかと言うと、昔々武士の町なので、腹開きだと切腹につながってしまい、良くないため。
対して、関西で開くうなぎには、腹開きにする事が普通。
というのは、大阪の方は商人の所なので腹を割って話そうという事に由来するから。
他にも、自腹を切るの意味にも通じるので、状況によってはタブーになる場合も。
というのは、大阪の方は商人の所なので腹を割って話そうという事に由来するから。
他にも、自腹を切るの意味にも通じるので、状況によってはタブーになる場合も。
上の雑学は、バスガイドの正社員で働いていた時に、紹介として、お客様にしゃべっていた話です。
都内からスタートして、静岡県の浜名湖や沼津や三島へ鰻を食べに向かうという日程。

熱中して話す母さんと失くしたストラップ
オフィスで出会ったOLさんがいる。
変わった人で、その話がいつも面白かった。
それに加えて、彼女は資格大好きだということ。
保育士の資格、クレーン免許、通関士。
観光英語検定1級、フランス語検定2級、危険物取扱。
公認会計士まで受かったと言っていたような・・・。
さすがに公認会計士の件を友達に話したら、あなたの聞き間違いもあり得ると思う、など言われたけれど。
彼女は、父親と同い年の部長と職場結婚で退職していった。

自信を持って跳ねる君と季節はずれの雪

私の子供がマルモダンスにはまっている。
教えたわけではないけれど、3歳なのに一生懸命まねしている。
映像の中でマルモダンスの音楽が流れると、録画映像を見たがって泣く。
録画したものをつけてあげると止まることなくずっと休むことなく見続けている。
母親からみて、映像を見続けるよりも絵本を見たり、おもちゃで遊んだりするほうが好ましいと思うけれど、忙しい時はテレビなどにたよってしまう。
少しでも、遊んであげたり、絵本を読んであげたりしようと思う考えている。
大きくなったら絶対に巣立っていくものだから、今遊んでおくのも私たちの為でもある。

一生懸命踊る母さんと冷たい雨
私は昔、正社員として多くの仲間に囲まれて仕事をしていた。
しかし、3年が経過すると、仲間と一緒に何かするというのに無理だと痛感した。
業務の時間が長い上に、チームを組んで行うので、やはり噂話がしょっちゅう。
それを聞きたいと思えばじょうずになっていけるのかもしれない。
しかし、別にいいじゃんとしか思えない運命なのだ。
その上、仕事のペースがスローな人に合わせるという我慢ができない、早い人に合わせられない。
そもそも努力が見られない!と思うかもしれないが、家族には運命なのだと言われた。

勢いで吠える母さんと冷たい雨

どれでもいいので一個の習い事でも習慣でも、長期で続けている人に憧れを抱く。
スノーボードでも、ピアノだったり、とても小さい内容でも。
ワンシーズンに一回だけでも、学生時代からのメンバーと、いつもの温泉旅館に滞在する!という習慣なども良いと感じる。
コツコツ一つを行うといずれは実用レベルまで達することがあるかもしれない。
思い返せば、小学校のころにピアノとリトグラフを学習していたが、もっと頑張ればよかったな。
そんな風に実感するのは、家ののはしっこにに母に貰ったピアノが置かれているから。
今の自分は全然分からないピアノだが、いつかもう一度学びたいとという理想がある。

前のめりで跳ねる友人と失くしたストラップ
よくテレビで見る大物が電撃引退らしく、TVで一杯やっているが、めちゃめちゃすごいなと思う。
次期国の首相がどういった人に決まるかという話より報道でも順番が先ですからね。
どういった政治家が日本の総理になろうが変わらないって考えるのもめっちゃ存在するし、それよりは有名芸能人が芸能界を辞めてというほうが何かしら影響がでるということですかね。

サイトカテゴリ

サイトカテゴリ

Copyright (c) 2015 カミナリと森とタイフーン All rights reserved.